2012年07月06日

新しい世界の扉を開いてから

トランペットの続き。


6月から正式に(と言ってもホントの基礎コースですが…)レッスン開始となりました。月3回、ヤマハ音楽教室新宿リフラ・プラスへ通います。6月だけは変則的に2回だったので、昨日までで計3回。
場所は新宿南口、甲州街道からちょっと高島屋寄りに行ったところ。ここは母校である都立新宿高校がすぐ裏で、高校生の頃ひたすら通った思い出の地。
その頃とは校舎と校庭のレイアウトが逆転して正門の位置までがガラッと変わりましたが、この歳になってトランペットのレッスンでこんな場所に通うなんて、何だかとっても感慨深いものがあります。


さて、レッスンの状況はと言うと…。

今のところはもう一人の受講生の方と先生の3人(先生は男性)。
通常1時間なので、最初の5~6分程度は呼吸法や上半身・唇廻りの柔軟運動から始まり、一通り終わったら音出し、音階へ。
始めるまで全く知りませんでしたが、トランペットってピストン(指で押すところ)が3つしかないので、例えば一つも押さない状態でも3つの音程を出さなくちゃいけないんです!
初心者にはオオ~ッて感じ…。
「ソ」の音を出すつもりが低い「ド」になったりして。
しかも脣の形とマウスピースの当て方に全神経を集中しているので、徐々に肩に力が入ってきたり姿勢が悪くなったり。
この歳になると一つのことしかできません…(笑)。

昨日はスラーやタンギングと言った、音を出すだけではない動作まで進み、頭と指と音とが混乱し始めています。まぁそれでも先生に「亀井さん、まだ3回目だから音が出なくても全然気にしないで~。」なんて言われ、少しでもできると「いいね~!」なんて褒められ、すぐにその気になったりして。

でも、新しい世界はホントに楽しいです。
音符を読むなんて何年ぶりだろうなぁ。学校の音楽の授業とか退屈だったし、カラオケは耳で覚えるので音符は読まないし…。
今さらながら「ドレミファ…」が「ハニホヘト…」だったのとか、音符の区別とか、音楽の授業もう少し真面目に聞いておけばよかった。後悔先に立たずです。


また楽器を買うと自主練したくなります。
でも自宅で音を出す訳にはいかないので、どうしようかと思っていたら…。
そうだ、事務所の目の前にレンタルスタジオがある!できてから数年、何度も前を通っているのに、中に入ったことは一度もない!
これもまた新しい世界の扉!
さっそく行ってみました。
受付のお兄さんとお姉さんはどうみてもビジュアルロック系、そこへ50直前のオヤジが一人で「個人練習のために借りたいのですが」と。
「何するんだろ~」と思っているでしょうが、後々よく観察していると結構女性一人とか、おばさん達数人が受付で手続きしてます。
ほぅ…。

スタジオの広さは様々ですが、ここ2回は概ね8~10畳ぐらい。¥630/時間です。
中にはドラムセットやマイク、アンプなども完備されていて、「こうなっているんだ~」と感心しきり。
そこで一人音出しと音階の自主練中です。鏡もあるので姿勢や脣の形を確認しながら「もうちょっとこうか」などと試行錯誤。でも、やっぱりレッスン中の方がいい音出ますね、緊張感が違うのかも。


そんなこんなの状況ですが、まだまだ開いていない多くの新しい扉の中を楽しみに、練習に励もうと心に誓う毎日です。


posted by MASAHIRO KAMEI at 12:02| Comment(0) | トランペット奮闘記 | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

突然ですが…

トランペット始めました!

先月半ばに中野で友人達との飲み会があり、3次会でライブバーに。
そこで友人がお店に保管してある自前のトランペットを持ち出し、音を出し始めました。
いや~、その姿が格好いいこと!

娘が通う中学校のブラスバンド発表会を聴いたりして、以前から自分でも楽器ができたらなぁと思っていましたが、経験値は自分が中学生の頃のフォークギターのみ。時代に合わせてフォークを歌いながらジャカジャカとかき鳴らしてはいましたが、独学のため長くは続かず…。
大人になるともっぱらカラオケで(笑)。

で、一念発起!
50歳直前の手習いです。
始めるに当たって、上手くなるにはキチンと習う方が絶対にイイと判断し、ネットで検索した結果、『ヤマハ大人の音楽レッスン』新宿校の無料体験にさっそく参加してみました。

初めて楽器を持って吹いてみたけれど、全然鳴らない…。
講師の先生が簡単そうに吹いているのを見ると、さらに力が入って悪循環。
しかし偶然にも一人だけの無料体験だったので、非常に丁寧に教えて頂き、気兼ねなくとっても楽しかった!

終わった頃にはもちろん疲れもありましたが、それよりもこんなに楽しいのかと。
「続けるぞ~!」の想いを強く。

そのあと、6月から正式に入会し、これまで3回通っています。
でも、習いたてで1週間空くと唇の形も忘れてしまい、次の時にはまた最初から。
やっぱり自宅でも毎日練習したいし、触れてもいたい。


で、色々悩みましたが、とうとう買っちゃいました。

DSC00117-2.png

スチューデントタイプですが、これから始めるにはちょうどいいかと。

1ヶ月に3回のレッスンですが、今まで知らなかった世界の扉を開けました。
続けるぞ~!


posted by MASAHIRO KAMEI at 10:36| Comment(0) | トランペット奮闘記 | 更新情報をチェックする

週末散歩

先週の日曜日、カメラを持って自宅周辺の落合南長崎から東長崎界隈をランチがてら家族とブラブラお散歩。
水の月の6月、街中では紫陽花を始めとして緑が鮮やかに映えていました。

DSC00106-2.png

DSC00107-2.png

我が家の紫陽花。
紫陽花の色は土壌の酸性、アルカリ性によって変わり、酸性の時は青色が強く、アルカリ性の時は赤色が強くなるそうなので、それからすると、我が家の庭は間違いなく酸性!いや、強酸性かも…。
もう何年も毎年大輪の花をたくさんつけて梅雨時期を彩ってくれます。
紫陽花はあまり手をかけない方がよく育つとか…、子供の育て方と同じかも知れません。


道端に綺麗な黄色の百合が咲いていました。

DSC00108-2.png

これは大きかった!
いい香りがするんですよね。こちらは間違いなくキチンと手をかけて育てているのが分かります。


ちょっと笑える鉢?植え。

DSC00109-2.png

リサイクルと言うか、廃品利用と言うか…。スニーカーのくたびれ具合がまた何とも言えません。
陽の光をいっぱい浴びて、元気です。
だけど、中はいったいどうなっているんだろう、先の方まで土が入っているのかなぁ。


東長崎駅近くのタイル屋さん。
店名をモザイクタイルで描いています。

DSC00110-2.png

トメやハネまで細かく再現、なんだかちょっと前のワープロ文字みたい。
ドット数が少なかった時は画面も出力もこんな感じでしたね。
しかもこの店名では文字に影まで付けていて、細やかな職人芸が見て取れます。
いや~、感激!


歩いているといろいろな花がありました。

DSC00112-2.png

最近よく見るこれは紫陽花ではありません。
調べてみると、クマツヅラ科のランタナ(別名:『七変化』)だそうです。
小ぶりな花の中にまさに『七変化』の色合い、この時期の街に可愛い色合いを与えてくれています。


DSC00111-2.png

こちらは何だろう…。
ちょっと調べてみます。一見きんぎょに似た可憐な花。


DSC00114-2.png

こちらは分かりました!最近花屋さんにも並んでいますね。
ヤエカシワバというアメリカ産のれっきとした紫陽花。丸い花ではなく、トウモロコシのように尖っています。葉っぱが柏に似ているから付いた名前だとか。白い花が清楚で、それでいて勢いも感じます。


落合南長崎駅近くの最近出来たショッピングモールへ。
雑貨屋さんのディスプレイにありました。

DSC00113-2.png

サボテン達が涼しげに並んでいます。
こんな梅雨時期だからこそ、日々の彩りを目にとめて、感性豊かに過ごしたいですね。

心がリセットされる、素敵な散歩になりました。

























posted by MASAHIRO KAMEI at 09:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする