2012年06月24日

週末散歩

先週の日曜日、カメラを持って自宅周辺の落合南長崎から東長崎界隈をランチがてら家族とブラブラお散歩。
水の月の6月、街中では紫陽花を始めとして緑が鮮やかに映えていました。

DSC00106-2.png

DSC00107-2.png

我が家の紫陽花。
紫陽花の色は土壌の酸性、アルカリ性によって変わり、酸性の時は青色が強く、アルカリ性の時は赤色が強くなるそうなので、それからすると、我が家の庭は間違いなく酸性!いや、強酸性かも…。
もう何年も毎年大輪の花をたくさんつけて梅雨時期を彩ってくれます。
紫陽花はあまり手をかけない方がよく育つとか…、子供の育て方と同じかも知れません。


道端に綺麗な黄色の百合が咲いていました。

DSC00108-2.png

これは大きかった!
いい香りがするんですよね。こちらは間違いなくキチンと手をかけて育てているのが分かります。


ちょっと笑える鉢?植え。

DSC00109-2.png

リサイクルと言うか、廃品利用と言うか…。スニーカーのくたびれ具合がまた何とも言えません。
陽の光をいっぱい浴びて、元気です。
だけど、中はいったいどうなっているんだろう、先の方まで土が入っているのかなぁ。


東長崎駅近くのタイル屋さん。
店名をモザイクタイルで描いています。

DSC00110-2.png

トメやハネまで細かく再現、なんだかちょっと前のワープロ文字みたい。
ドット数が少なかった時は画面も出力もこんな感じでしたね。
しかもこの店名では文字に影まで付けていて、細やかな職人芸が見て取れます。
いや~、感激!


歩いているといろいろな花がありました。

DSC00112-2.png

最近よく見るこれは紫陽花ではありません。
調べてみると、クマツヅラ科のランタナ(別名:『七変化』)だそうです。
小ぶりな花の中にまさに『七変化』の色合い、この時期の街に可愛い色合いを与えてくれています。


DSC00111-2.png

こちらは何だろう…。
ちょっと調べてみます。一見きんぎょに似た可憐な花。


DSC00114-2.png

こちらは分かりました!最近花屋さんにも並んでいますね。
ヤエカシワバというアメリカ産のれっきとした紫陽花。丸い花ではなく、トウモロコシのように尖っています。葉っぱが柏に似ているから付いた名前だとか。白い花が清楚で、それでいて勢いも感じます。


落合南長崎駅近くの最近出来たショッピングモールへ。
雑貨屋さんのディスプレイにありました。

DSC00113-2.png

サボテン達が涼しげに並んでいます。
こんな梅雨時期だからこそ、日々の彩りを目にとめて、感性豊かに過ごしたいですね。

心がリセットされる、素敵な散歩になりました。

























posted by MASAHIRO KAMEI at 09:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください